--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.07

リシケシ

成田からデリーまでエアインディアに久しぶりに乗った。
最近乗った中で一番快適だった。
一人ずつテレビついてる。座席もひろい。横には誰も座ってないし、ご飯おいしいし。
9時間の飛行中どこにいこうか考えてた。

デリーに一泊して、リシュケシュか?
そのままいリシュケシュ直行しちゃう?

ついた瞬間、やっぱり行ってしまおう!ってことで、バスを探す。
デリーの空港すごくきれいになったの、よく分からなくて、人に聞き辺鄙なところにある真っ暗なバス停で1時間待つ。。。。来なくない?
また戻って、今度は警察官に聞いたら、空港の前から出てるよ!って、ふう。
またもどる。
リシュケシュ行きのバスに乗り込み8時間。着いたのはなんと4時。リキシャの親父さんたちも、夜中をいいことに10倍で吹っかけてくる。んもお~~~~
とりあえず乗り込む。何とか途中まで行くインド人と一緒にシェアして~途中から私一人ーーラクシュマンジュラまでね~!
って!!!ここどこよ、ラムジュラじゃない!
ここから先には行きたくない!行くなら横に座れって!あの真っ暗な中、、、セクハラ、、、。。。
嫌になって降りた。
でも、真っ暗山道。
ニケタンの前。ってか、ちょっと怖いよーーーでも歩く。歩いて歩いて観光バスが通った。
お願い~~~のポーズで道の真ん中で呼びとめ、乗せてください~~~~~~~!!!
近くまで乗せてもらい、そこからまた橋めがけて歩く。

犬が~~~怖いぞ。昼間とはまったく違う!
そしたら一人の勇敢な優しい犬が私をフォローしながらずーーーと付いてきてくれた。
恋しそうなくらいかっこよかった~
途中でばいばいして、橋まで歩く。

今度はサル。
皆で私のこと見てるし~~ボスが威嚇してるし~
見ないようにして、怖くないって信じて歩く。

やっとラクシュマンジュラだ、シバがお出迎え、守ってくれてありがとう、どうかこれ以上何もありませんように!
で、いつもの宿へ。
門の外から大声で呼び起こし部屋をください~~と。
部屋空いてないって!まさかこんな…
そしたら優しい女性がこの騒ぎでおきてきて、部屋無いの?
じゃあ朝まで私の部屋に居て良いよって!!!女神様のような人が助けてくれました。
感謝感謝。シバ様ありがとう!
起きたらちょうど部屋が空き、そこにチェックインできました~~~


いろいろありすぎて、買いときました。
ふうー

リシュケシュにして今回初のターリーを心行くまで食べました。
残ったチャパティは持ってかえって牛さんにあげました。

ちゃんちゃん




ポイント

空港からバス停直行したい人は、
インディラガンディー空港(ニューデリー空港)からISBT行きのバスは、第3ターミナルの、二階出口(出発ロビー)出てすぐ一番左側から出ています。(赤いバス)
参考にしてね!


スポンサーサイト

Posted at 17:34 | DIARY | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。